Windowsムービーメーカーでハイビジョンを取りこむ

Windows ムービーメーカーを使えば、簡単にビデオカメラからパソコンに映像を取り込むことができます。

ハイビジョンカメラ奮闘記

 
 
 
   
 
 
 

Windowsムービーメーカーでハイビジョンを取りこむ

Last update 2007/04/27 14:06

 

 

マイクロソフトが無料で公開している動画編集ソフト、Windows ムービーメーカーを使うとビデオカメラで撮影した映像を編集したり、字幕を入れたりすることができます。
ただし、残念ながらWindowsXPのムービーメーカーでは、ハイビジョンビデオカメラで撮影した動画を取り込んだり、編集することはできません。
Windows Vistaでははじめから対応(一部のみ)しているものの、XPではソフトを使用しないと取りこめません。VideoStudioのようなビデオ編集ソフトが必要です。
ただし、HDV形式のカメラであれば、DVに変換して転送するモードにすることで特別なソフト無しでWindowsに取りこむことができます。
※ 当然スタンダード画質になってしまいますが
接続方法と設定については、「パソコンと繋ぐiLinkとUSB」と「ビデオカメラの設定HDV」を参考にしてください。
※ 今回を含め、パソコンに取り込む方法は、DVテープを使用したHDV方式のハイビジョンビデオカメラの設定方法です。

ハイビジョンビデオカメラから映像を取りこむ

ビデオデータ取込用ウィザードさて、iLinkでビデオカメラとパソコンと繋いだら、ビデオカメラの電源を入れて「見る・再生」モードにしてください。
パソコンが自動でカメラを認識し、左のようなウイザードが表示されるはずです。
ビデオの取り込み Windows ムービーメーカー使用」をクリックしOKをクリック。
表示されない場合は、転送モードがHDVのまま転送するモードになっている可能性があります。

接続されたデバイス一覧が表示される。接続されているデバイスの一覧が表示されるので、ハイビジョンビデオカメラを選択します。
私の場合は、ソニー ハンディカムHDR-HC3なので「Sony DVデバイス」ですね。

保存するファイル名と保存先を選択。取りこんだ映像のファイル名を記入します。
わかりやすい名前の方がいいでしょう。
次に、保存先を選びます。
標準では「マイ ビデオ」になっています。
ハイビジョン映像は、20分程で4GBほどにもなります。
空きがあるHDDを選択してください。

「デジタルデバイス形式(DV-AVI)」にチェックを入れる。次に、取りこんだ映像を圧縮して保存するか設定します。
先ほど書いたように、ハイビジョンビデオカメラで撮影した動画は、20分で4GBほどにもなります。
HDDにスペースがない場合や、インターネット上で公開したい場合、あまり画質にはこだわらない場合は、圧縮して保存してかまわないと思いますが、ハイビジョンの超美麗な映像をそのまま保存したい場合は「デジタルデバイス形式(DV-AVI)」を選択してください。
したにも表示されていますが、この場合1分当たり約178MBほどにもなりますが、画質は最もよくなります。

編集もしない、よくわからない。という人は、「コンピュータの最高品質で再生(推奨)」を選択すると、適当な形式で圧縮して保存されます。

「テープの一部を手動で取りこむ」にチェックを入れます。圧縮したいが、圧縮用の設定を自分で設定したい。という人は「その他の設定」を選んでください。
左のような一覧から保存形式を選択できます。
ただ、いずれにしろかなり画質は劣化するので「DV-AVI」が最もお勧めです。

「取込の開始」をクリックするとパソコンに転送がはじまります。保存したい場面までテープを巻き戻し、「取り込み開始」をクリックすると、パソコンへの取り込みが開始されます。
再生された映像が表示されるので、参考にしながら取りこんでいきます。
取り込みをやめたい場合、「取り込みの停止」をクリックします。

取込が完了すると、一覧が表示されます。取り込みが完了すると、Windows ムービーメーカーの編集画面に映り、取りこんだ映像の一覧が表示されます。
先ほど指定した場所に映像が保存されているはずです。

ここに表示された一覧は、撮影中ストップボタンを押したり、電源を切った場合にシーンごとに区切られて表示されます。
DVやHDVでは、カメラの録画をストップしたり、レンズをズームしたりするとそうした情報も記録されるらしく、Windows ムービーメーカーはそうした情報を元にシーンとして切り出してくれるようです。

メディアプレーヤーで再生しているところ取りこんだ映像は、Window Media Playerで再生することができます。
(画像は、Windows Media Player Ver.10)

ハイビジョンの超美麗な映像を堪能できたと思います。
このままでもかまいませんが、どうせなら必要な部分だけ抽出したり、シーンとシーンの継ぎ目をTVのようにこったものにしてみたいと思います。
次回、「Windows ムービーメーカーでの編集」で詳細に解説したいと思います。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ 2007/04/27 14:06 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

 
 
 
 

関連ページ

 

パソコンに取り込むには準備 パソコンと繋ぐiLinkとUSB ビデオカメラの設定HDV
Windowsムービーメーカーでハイビジョンを取りこむ Windowsムービーメーカーで取りこんだ動画を編集する VideoStudioハイビジョンビデオカメラからパソコンへ取りこむ
ビデオ編集 VideoStudio トランジション 外付けHDDを自作 暗い映像を明るくするには
アップロード用のファイルを作成 TMPGEnc 解像度 ファイルサイズを小さくする VideoStudio
ムービーメーカーで字幕(テロップ)を入れる DVD 作成 ハイビジョン映像に対応するPC
動画再生支援機能 動画をキャプチャーする Media Player Classic 動画に字幕(文字)のアニメーションを入れるには
ハイビジョン編集用パソコンを購入 パソコン比較 ドスパラ Core 2 Quad か Duo
Friio 音ずれしない編集ソフト AVCHDでDVD-Rへ保存する VideoStudio編 VideoStudio アップグレード
MPEG TSをMPEG TSに変換する Centrino 2 セントリーノ2とは AVCHDを編集するパソコンのスペックは
激安なミニノートより TMPGEnc 4.0 Express vectorでTMPGEncを購入する
AVCHDをパソコンに取り込む PMB AVCHDをBD-Rに保存 PMB編 動画ソフト
PowerDirector レビュー PowerDirectorで手ぶれ補正 CUDAとは
VideoStudioX3発売 Eye-Fi Centerのインストール Eye-Fi Centerの設定
Eye-Fiとは 無線LANで簡単転送 WMV 高画質コーデックをインストール 新型Core i7 2600販売!
TMPGEnc Video Mastering Works 5を購入してみた モザイク・ぼかしを入れるには 動画に字幕を表示させるには
複数のDVDをブルーレイにまとめるには 第2世代 Core i3 i5 i7 搭載ノートパソコンで動画編集 DVDに高画質に保存するには
DVDやブルーレイをiPhoneに取り込むには core 2 duo core i5 エンコード比較 片面2層のBDを圧縮で1層にコピー
DVDや動画の管理ソフト パソコンの画面をキャプチャーして保存 フリーで使えるBandicam