Eye-Fi Centerの設定

Eye-Fiを購入したら、PCに刺すと自動的にインストールが開始されます。今回はインストール後の設定を紹介します。

トップへ相互リンクお問い合わせ掲示板

 
 
 
   
 
 
 

Eye-Fi Centerの設定

Last update 2010/11/09 21:21

 

 

 

Eye-Fiは、SDカードに無線LANシステムを内蔵した画期的なアイテム。
USBケーブルを繋げなくてもパソコンに画像を転送してくれます。
付属の専用ソフトをインストール(参照:Eye-Fi Centerのインストール)したら、設定をしてみましょう。
Eye-Fiには簡易な説明書しかついてきません。
そこで、ここではインストール後の設定を画像つきで解説します。

Eye-Fi Centerの初期画面
Eye-Fiは、専用のUSBカードリーダーが付属してくるので、PCに差し込むと専用のソフトのインストールが始まります。
無事インストールし終えると、Eye-Fi CenterというEye-Fi管理ソフトが起動します。
最初の起動時、アカウントの作成画面になります。

メールアドレスと、パスワードを決めます。

無線LANアクセスポイントの選択
アカウントの作成が終了すると、無線LANの検索が始まります。
プルダウンメニューから御自宅のアクセスポイントが表示されるかチェックし、選択します。
無線LANやアクセスポイントについては、無線LANルーターの設定Wi-Fiとはを参考にしてください。

パスワードを入力
無線LANに接続するためのパスワードを入力します。
たいていはルーターの裏に書いてあります。(初期設定のままであれば)

ネットワーク情報をカードに設定する
接続が完了すると「ネットワーク情報をカードに設定する」というボタンが押せるようになるので、クリックします。
*しばらく時間がかかるかも

アップロード先のサービスを選択
WEB上にアップロードする場合、アップロード先のサービスを選択します。
mixiやPicasaやフォト蔵などなどいろいろ選べますが、1度にアップロードできるサービスは1つだけのようです。

MixiやPicasaなどがある
ざっとこれだけのサービスに対応しています。
お勧めは、googleが提供しているPicasaでしょうか。

Mixiの場合
ミクシイの場合の設定です。

フォト蔵の場合
アップロード制限がない「フォト蔵」の設定です。
こちらもお勧め。

Picasaの場合
Googleが提供するPicasaの設定です。
今回はこのPicasaの設定をしてみます。
設定変更」の右隣にある「Unlisted」をクリックして「公開(Public)」にすると、他人も見れるようになります。
詳細設定」をクリックすると、アルバム名やタグ、説明に関する設定をすることができます。

公開用の設定
サービス設定名」は、アップロード用の設定の識別用の名前です。
アルバム名」は、デフォルトでは撮影日になります。
説明を追加する」は、アルバム上に表示される画像の説明(コメント)です。

ログイン用のメールアドレスと、パスワードを入力
Picasaアルバムログイン用のメールアドレスと、パスワードを入力します。
まだアカウントを取得していない場合は、Picasaから取得しておきます。

アクセスを許可をクリック
アクセス許可」をクリックします。

次へをクリック
次へ」をクリックします。

完了です
これで完了です。
Eye-Fiのアカウントを作成した時に、確認用のメールが登録したメールアドレスのもとに届いているはずなので、チェックします。

認証用のメールが届く
認証用のメールアドレスに記載されている「ここ」の部分か、URLをクリックします。

Eye-Fi Centerの画面
これがEye-Fi Centerの画面です。

Eye-Fi Centerその後
画像を転送していくと、今までの取り込んだ画像のサムネイルを見ることができます。

さて、Eye-Fiの最大の特徴は、無線LANを通じてパソコンや、ネット上のサービスに自動でアップロード・転送してくれるシステムです。
で、iPhoneにはSDカードをさせないのでこのEye-Fiは使えないんですけれど、iPhoneのアプリでほぼ同じ機能を実現してくれたものが提供されています。
もちろん、このEye-Fi Centerで管理することができます。

関連ページ

 

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ 2010/11/09 21:21 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

 
 
 
 

関連ページ

 

パソコンに取り込むには準備 パソコンと繋ぐiLinkとUSB ビデオカメラの設定HDV
Windowsムービーメーカーでハイビジョンを取りこむ Windowsムービーメーカーで取りこんだ動画を編集する VideoStudioハイビジョンビデオカメラからパソコンへ取りこむ
ビデオ編集 VideoStudio トランジション 外付けHDDを自作 暗い映像を明るくするには
アップロード用のファイルを作成 TMPGEnc 解像度 ファイルサイズを小さくする VideoStudio
ムービーメーカーで字幕(テロップ)を入れる DVD 作成 ハイビジョン映像に対応するPC
動画再生支援機能 動画をキャプチャーする Media Player Classic 動画に字幕(文字)のアニメーションを入れるには
ハイビジョン編集用パソコンを購入 パソコン比較 ドスパラ Core 2 Quad か Duo
Friio 音ずれしない編集ソフト AVCHDでDVD-Rへ保存する VideoStudio編 VideoStudio アップグレード
MPEG TSをMPEG TSに変換する Centrino 2 セントリーノ2とは AVCHDを編集するパソコンのスペックは
激安なミニノートより TMPGEnc 4.0 Express vectorでTMPGEncを購入する
AVCHDをパソコンに取り込む PMB AVCHDをBD-Rに保存 PMB編 動画ソフト
PowerDirector レビュー PowerDirectorで手ぶれ補正 CUDAとは
VideoStudioX3発売 Eye-Fi Centerのインストール Eye-Fi Centerの設定
Eye-Fiとは 無線LANで簡単転送 WMV 高画質コーデックをインストール 新型Core i7 2600販売!
TMPGEnc Video Mastering Works 5を購入してみた モザイク・ぼかしを入れるには 動画に字幕を表示させるには
複数のDVDをブルーレイにまとめるには 第2世代 Core i3 i5 i7 搭載ノートパソコンで動画編集 DVDに高画質に保存するには
DVDやブルーレイをiPhoneに取り込むには core 2 duo core i5 エンコード比較 片面2層のBDを圧縮で1層にコピー
DVDや動画の管理ソフト パソコンの画面をキャプチャーして保存 フリーで使えるBandicam