暗い映像を明るくするには

室内で撮影した映像は、カメラの設定をオートにしていても、暗く写りがちです。今回は、暗く撮影してしまった動画を明るく修正する方法を紹介します。

トップへ相互リンクお問い合わせ掲示板
 
 
 
   
 
 
 

暗い映像を明るくするには

Last update 2007/06/05 03:13

 

 

比較

設定を「オート」にして撮影したもの。ビデオカメラは、たいていは映像を明るく映すか、暗く写すか微調整することが可能ですが、なかなかあの小さな液晶ファインダーでは、その調節が難しい。
なので、たいていは「明るさ」を「オート」にして撮影してしまうのですが、左の画像(クリックすると拡大)のように、晴れて窓から明るい光が差し込むキッチンで撮影したにもかかわらず、いまいち暗く写ってしまうことが多々あります。
左の画像は、実際には非常に強い日差しの晴天のお昼に撮影したものですが、とてもそうには見えませんよね。

VideoStudioで明るくしたもの。ところが、映像編集ソフト(私はVideoStudio10を使っています)を使えば、簡単に左の画像のように明るく修正することができます。

VideoStudioを使う

「編集」画面で「色補正」をクリック。VideoStudioの編集画面の「色補正」をクリックします。

「メイド」と「ガンマ」で明るさを、「コントラスト」でコントラスト(メリハリ)をつける。

  • 色相
    映像に赤みを強くしたり、黄色みをつけたりすることができます。
    が、たいてい不自然な色になってしまうので、ここはあまりいじらない方がベターです。
  • 彩度
    スライダーを右にスライドさせると、鮮やかに。左に移動させると、モノトーン調になります。
  • 明度
    映像を暗くしたり(スライダーを左に動かす)、明るくしたり(右に動かす)することができます
  • コントラスト
    明度やガンマで明るくさせると、暗い部分まで明るくなってしまいます。
    その場合は、このコントラストでメリハリをつけます。
  • ガンマ
    明度と同じく、明るくしたり暗くすることができます。

私の場合、たいてい「ガンマ」で明るくさせて、「コントラスト」でメリハリを調整します。

修正出来ないことも

とはいえ、何でもかんでも修正出来るかと言えば、元々の映像次第で修正も不可能になってしまいます。
特に、明るく写しすぎて色が飛んでしまっている映像は、修正が効きません。

マニュアルで明るくしすぎた例左の画像は、同じ条件で撮影した物の今度はマニュアルで明るさを調整し、明るく写しすぎてしまった例。
微妙なうどんの影も、真っ白になってしまいました。
これではハイライトの部分と影の部分の色が全く同じに・・・。

色が飛んでしまった場合は、修正が効かない。暗くしても、白く飛んでしまった部分は修正が効きません。

どちらかといえば、多少くらいかな。と思えるような設定の方が、修正が効くと思います。
この辺は慣れるしかないですね。

VideoStudioを購入する

 

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ 2007/06/05 03:13 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

 
 
 
 

関連ページ