DVDに高画質に保存する DVD-VR編

ビデオカメラで撮影した映像を、高画質のままDVD-Rに保存する方法を紹介します。DVD-VRモードは、DVDレコード

トップへ相互リンクお問い合わせ掲示板
 
 
 
   
 
 
 

DVDに高画質に保存する DVD-VR編

Last update 2007/05/19 00:39

 

 

DVDに高画質で保存したい DVD-Video編では、ほとんどのDVDプレーヤーでも再生出来る方式(DVD-Video)で最も高画質に保存する方法を紹介しました。
このDVD-Videoの特徴は、

  • ほとんどのDVDプレーヤーで再生することができる
  • 一度作成したら、あとから映像を追加することができない
  • 最も高画質設定で約1時間記録出来る
  • 映像ビットレートが最高9.8Mbpsに抑えられてしまう

です。特に「映像ビットレートが最高でも9.8Mbps程度に抑えられてしまう」ため、ハイビジョンビデオカメラやスタンダード画質のビデオカメラ、共に画質が1/2~1/3程度に劣化してしまいます。

実際には、ハイビジョンビデオカメラやスタンダード画質のビデオカメラからパソコンに映像を取りこむと、20分程で4GB程になります。
このときの映像ビットレートを調べてみると、25Mbps程になっています。
つまり、DVD-Videoに変換してしまうと、長時間記録出来ますし、友人や親戚に気軽に配布することができる反面、画質はかなり劣化してしまうと。

DVD-VRモードとは

一度しか書き込めないDVD-Rの使い勝手の悪さを打開しようと誕生したのが、DVD-VRモードと呼ばれるデータの追記や編集が可能な方式でした。
主に、DVDレコーダーで使われるモードですが、このモードにするとVRモードに対応したプレーヤーでないと再生はできませんが、ビデオテープのように何度も保存容量の限度まで映像を追加していくことができます。
また、チャプターもいつでも追加・編集することが出来、さらには不必要な部分も削除可能な非常に便利なモードです。
ただし、削除出来ると言ってもDVD-R自体は一度書き込んだら、本当の削除はできないため、見かけ上再生出来なくするだけですが。

特徴

このDVD-VRの特徴は、

  • ファイナライズしない限り、どんどん追加することができる
  • DVD-VRモードに対応したプレーヤーでないと再生出来ない
  • 地上デジタル放送をDVD-Rに焼くには、このVRモードでないと焼くことができない
  • ファイナライズしないとパソコンで読み込めない
  • 最高画質のモード(XPモード)で記録すれば、1時間程記録することができる
  • 740x480になってしまうらしい?
  • パソコンがなくてもDVDレコーダーがあれば記録出来る

でしょうか。
一応、ファイナライズ(これ以上追加・編集出来ないようにすること)したあとであれば、パソコンのWindows Media Playerで再生出来ました。
画質モードは、XPからEPモードまであり、最高画質のXPだと1時間ちょい保存出来るようです。
その代わり、740 x 480 にサイズダウンしてしまうようです。
また、16:9の比率も4:3になってしまうようです。(この辺は、設定の仕方が悪かったのかよくわかりませんが、ビデオカメラ側の出力設定を16:9にしても再生させると4:3に・・・

VRモードの画質

画質に関しては、DVD-Videoと記録時間が同じと言うこともあり、それほど気体はできないかもしれません。
実際に比べてみました。

PCに取りこんだ映像のキャプチャー左の画像は、ハイビジョンビデオカメラHC3パソコンをi.LINKで結び、HVDのまま取りこんだ映像の一部です。
動きが激しいシーン(自転車に乗って撮影)だったのでぼやけた感じがありますが、実際に動いている映像を見るとこれぞハイビジョンと言わしめる非常にきれいな映像です。
クリックすると拡大表示されるので確認してみてください。

DVD-VRモードで保存した映像のキャプチャーそしてこちらは、DVDレコーダーDR-HD250にi.LINKで繋いでDVDレコーダーのHDD上にいったん保存してから、DVD-RにDVD-VRモード(画質:XP)で保存した映像の一部です。
ファイナライズさせ、パソコンで再生させてキャプチャーしました。
ただし、実際には、4:3になってしまっているので画像加工ソフトで元の映像と同じ比率にしてみました。
どうでしょう。
静止画だけで見てみると、ほとんど変わりがないですね。
ただ、実際に再生させてみると鮮やかさはあるものの、先ほどの元映像と比べてぼんやりしている感じ・・・。

PCに取りこんだ桜並木の映像左の画像は、PCに直接取りこんだ映像。つまり元の映像です。

DVD-VRモードの桜並木こちらが、DVD-VRモードの映像の一部です。

比較拡大してみると・・・
うーん。あんまり差がないように見えますが・・・。
実際に再生してみると、くっきり感が違いますね。
ただし、DVD-VRモードの映像だけを見せられたら、これがVRモードか元のハイビジョンの映像かは判別出来ないかもしれませんね。

どこで妥協するか

結局の所、DVD-VideoでもDVD-VRでも、DVD-Rに保存する限り、映像ビットレート9.8Mbps以上に上げることができない以上、これ以上の高画質を期待するのは無理かもしれません。
あとは、パソコンでしか再生出来ませんが、パソコンに取りこんだ映像をそのままDVD-Rに保存する方法ですね。

次回は、このハイビジョン映像をそのままDVD-Rに保存する方法を紹介します。
この方法を使うと、DVD-Rに20分程しか記録出来ませんし、パソコンでしか再生できませんがハイビジョンの映像をそのまま半永久的にDVD-Rに保存することができます。
もちろん、DVD-R DLのような8.5GBの容量のDVD-Rを使えば40分程保存出来ます。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ 2007/05/19 00:39 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

 
 
 
 

関連ページ