スカパー!e2とスカパー!HDの違い

スカパー!には、e2とHDと光の3つがありますが、それぞれ視聴するための機器やチャンネル・番組が違います。今回はスカパー!e2とスカパー!HDの違いを詳しく見てみます。

トップへ相互リンクお問い合わせ掲示板

 
 
 
   
 
 
 

スカパー!e2とスカパー!HDの違い

Last update 2011/02/14 16:37

 

 

 

スカパー!とは、もともとCS放送のプラットホームのJスカイBとパーフェクTV!が合併して1998年放送開始したスカイパーフェクTV!でした。
ライバル会社として、アメリカに本社を置くディレクTVがありました。(懐かしい~)
ただし、当時は加入者が伸び悩み、(いつのまにか)ディレクTVが日本を撤退。
ディレクTVの会員をスカイパーフェクTVが引き継ぐことによって、事実上、デジタル多チャンネル放送は、スカイパーフェクトTVだけになってしまいました。

スカパー!は、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ社が提供しているんですが、おもに、

の3つのサービスを提供しています。
が、この違いがなかなかわからず(私もそうでしたが)、スカパー!HDスカパー!e2はどこがどう違うんだろう。なんて悩んでいる人も多いと思います。
簡単に言ってしまえば、スカパー!e2は、CS衛星放送が映れば見ることができる衛星チャンネル。
スカパー!HDは、専用のアンテナと専用のチューナーが必要な衛星チャンネル。
CSは、液晶テレビやブルーレイレコーダー、DVDレコーダーにチューナーが内蔵してある場合がほとんどなので、あとはアンテナを取り付けるだけ。
アンテナも市販されているBS/CSアンテナでOK。
取り付けも自分でできます。(BS CSアンテナの取り付け
手軽さの面では、e2に分がありますが、HDは、チャンネル数の多さとハイビジョン画質のチャンネルの多さでe2を超えます。
以下、スカパー!e2とスカパー!HDの違いをもう少し細かく見てみたいと思います。

スカパー!HDとスカパー!e2の違い

スカパー!e2とHDの違い。スポーツチャンネル
▲スカパー!HDとスカパー!e2の違い。スポーツチャンネルの違い。

スカパー!HDとは

スカパー!HDとは、専用のアンテナと専用のチューナーを用いて受信するサービスです。
専用のアンテナは、BSやCSのアンテナとは違うもので、チューナーもDVDレコーダーやブルーレイレコーダーに内蔵されているものとは違う、専用のチューナーになります。
e2と違い、チャンネルは豊富にあり、ハイビジョンチャンネルが85ch以上、標準画質チャンネルも277chもあります。

PPVといって番組ごとに料金を払う方式の購入方法ができるのは、スカパー!HDになります。

スポーツは、スカパー!e2でも専門チャンネルが見ることができますが、HDが16チャンネルなのに対し、e2では9チャンネルと約半分程度になってしまいます。
また、アニメ専門チャンネルもHDは、9チャンネルあるのに対し、e2では半分の5チャンネル。しかも、そのうちのハイビジョン放送は1チャンネルしかなく(HDは、4チャンネル)、サッカーを楽しみたい!とか、アニメファンのようなコアなマニアは、スカパー!HDに加入するといいでしょう。

また、アダ●ト専門のチャンネルや3Dチャンネルが見られるのもHDの方になります。

ただし、専用のアンテナとチューナーが必要なので、導入時の敷居がe2に比べて高いのが弱点。
e2は、最近発売されているブルーレイレコーダーやDVDレコーダーには最初からチューナーが搭載(CSデジタル放送)されているのに対し、HDでは専用のチューナーが必要なので、場所や接続設定が必要になってきます。
専用チューナーについては、ハイビジョン録画に必要な機器を参考に。
一応、対応しているブルーレイレコーダーを繋げれば(LANケーブルでつなぐ)、録画できるみたいです。
つなぎ方は、SONYのサイトに乗っています。
録画予約もできるみたいですね。

接続は、自分でもできるレベルですが、専用の業者に頼むこともできます。
まあ、LANケーブルをつなぐだけなので、誰でもできると思いますが・・・。

専用チューナーは、一括購入もできますが、レンタルの場合、630円/月がかかります。

このように、専用アンテナ、専用チューナーが必要なものの、スカパー!で提供するすべてのチャンネルを楽しむことができるのが、スカパー!HDです。
画質を優先するマニアや、アニメや野球、サッカーのコアなファンには、スカパー!HDの方が断然お勧めです。
ただし、e2に比べ、アンテナとチューナーをそろえなくてはならず、チューナーのレンタル料がかかるので、手軽に楽しみたいライトなユーザーには向いていません。

まとめると
  • 専用のアンテナ・チューナーが必要
  • チャンネル数が多い
  • PPVがある
  • ア●ルト専門のチャンネルや、3Dチャンネルがある

スカパー!e2とは

スカパー!e2は、スカパー!の敷居の高さの欠点を解消したサービスで、BSと同じアンテナを使用でき、液晶やプラズマテレビ、ブルーレイレコーダーに搭載されているCSチューナーで受信できます。
ここ数年以内に購入したテレビや、ブルーレイ・DVDレコーダーを所有していれば、あとはCSアンテナを取り付けるだけで見ることができます。

スカパー!e2は、普通のレコーダーで見ることができる
▲最近のブルーレイレコーダーでは、CSの番組表も見ることができる

アンテナとチューナーを繋げた最初の16日間は、無料で全てのチャンネルを視聴+録画する事が出来るので、HDに比べ導入の敷居が低いです。
録画は、地上デジタル放送と同じレコーダーで番組表が表示されるので、簡単。
ちなみに、16日間の無料期間中、録画した番組は期間終了後も視聴する事ができます。
(地デジと違って、コピーワンス(ブルーレイやDVDに1度だけしかダビングできない)なので注意)

ただし、その分チャンネル数が少なく、サッカー・野球・アニメのように専門性が高いチャンネルの半分は見ることができない可能性があります。
スカパー!HDに比べ、仕組みが単純なので1つのアンテナで複数のチューナーを繋げることができます。
地デジでは満足できないけれども、それほどお金はかけたくない。
また、賃貸に住んでいてアンテナを取り付けられない人には、e2の方が向いています。

e2の方が画質がいい

スカパー!HDのほうが、ハイビジョンチャンネルが圧倒的に多いのですが、画質はスカパー!e2の方がいいみたいです。

まとめると
  • アンテナがBSと同じ
  • DVDレコーダーやブルーレコーダーにチューナーが内蔵されている
  • チャンネルが少ない

スカパー!光

スカパー!HDの専用アンテナの代わりに、光回線を利用したのがスカパー!光です。
若干見られるチャンネル数は減りますが、アンテナの設置をしなくても光回線が来ていれば見ることができるので、HDより導入の敷居は低いかもしれません。

弱点として、光回線(Bフレッツ等)が来ていないと、導入は100%ほぼ不可能なことです。

HDと同じで、専用のチューナーが必要で、レンタル料(630円/月)がかかります。

一戸建ての場合、「フレッツテレビ」の料金がかかってしまいます。

どれに加入すればよい?

画質にこだわる

BS/CSアンテナが設置でき、ブルーレイレコーダーがあればあとは申し込むだけで見ることができるスカパー!e2がお勧めなんですけれど、ハイビジョンチャンネルはほとんどないので、画質にこだわるのであればスカパー!HDかスカパー!光のどちらかになります。

ハイビジョンは、だいたい24インチ以上から明らかに差がついてくるので、24インチ未満のテレビしか持っていない場合や、ブラウン管テレビのようにハイビジョンに対応していないテレビしかない場合は、スカパー!e2の方が手軽で安く見ることができます。

チャンネルの豊富さ

スカパー!HDやスカパー!光の方が、圧倒的にチャンネルが多いので、見たいチャンネルをセレクトする時に、e2では見れないことも多いかもしれません。
特に、ハイビジョン番組はHDか光の方が圧倒的に多いので、HDを選択するしかないことも。。。

とくに、サッカーやアニメといったコアなマニアには、スカパー!HDでないと見れない番組もあるかも。
釣りや囲碁・将棋、パチンコ専門のチャンネル、そしてア●ルト、3Dチャンネルはスカパー!e2にはありません。

手軽さ

よくわからないけれど、地上波だと面白い番組がないからCSの専門チャンネルを見たい!なんていう人は、とりあえずおためしとしてスカパー!e2がお勧め。
かりに見なくなったとしても、アンテナはBS放送を受信できるし、ブルーレイレコーダーは、もともとBS/CSのチューナーを内蔵しているので、これらの機器がそろっていれば、加入料+月々の基本料+チャンネルパック代で済みます。

アンテナを立てなくてもいい。という点では、スカパー!光が最も手軽です。
ただし、フレッツ光りが届いていることが条件。

料金

基本料金は、どれも1カ月当たり410円
また、最初に払う加入料も、どれも2,940円

しかし、専用のアンテナとチューナーを購入(もしくはレンタル)しなければならない点で、スカパー!HDやスカパー!光の方が同じ番組を見るとしても、不利になってきます。
※最近では、スカパー!HDチューナー内蔵のブルーレイが登場してきました
ただし!
標準画質チャンネルとハイビジョン画質チャンネルで料金が変わらなかったりするので、e2では見ることができないハイビジョンチャンネルを見れるという点では、画質に対する料金的な違いは相殺されるかも。
アンテナの取り付けですが、スカパー!HDは、期間限定でアンテナ取り付け費用を安くするキャンペーンをやっていたりするので、サイト上でチェックしておくといいかもしれません。
詳しくは、スカパー!HDで確認して下さい。

また、スカパー!HDは、PPV(番組単位で購入できる)に対応しているため、スカパー!e2は、基本料金+パック料金がかかるのに対し、スカパー!HDや光は、基本料金のみで継続可能。

スカパー!光にかかる「フレッツテレビ伝送サービス+オプティキャスト施設利用料 682.5円/月」は、一戸建ての場合で、集合住宅にはかからないみたいです。
ということは、マンションで壁に穴をあけられない場合や、アンテナの向きが物理的に衛星に向けられないような場合は、スカパー!光が選択候補No.1になってくるでしょう。

比較

  スカパー!HD スカパー!e2 スカパー!光
チャンネル数 ハイビジョン 85ch

11ch 70ch
標準画質 280ch 56ch 270ch
加入料 2,940 円 初回のみ
月額費用 基本料 410 円/月 基本料 410 円/月 基本料 410 円/月
チューナーレンタル料
(レンタルした場合)
630 円/月
チューナーレンタル料
630 円/月
一戸建てのみ
フレッツ・テレビ伝送
サービス
オプティキャスト施設利用料
682.5 円/月
月額費用合計 1,040 円/月 410 円/月 1,722.5 円/月
これ以外に、選んだチャンネル・パック・セットや番組単位の料金が必要になってきます。

参考ページ

 

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ 2011/02/14 16:37 | このページのトップへ | コメントを書く | 管理

 
 
 
 

関連ページ

 

BS CSアンテナの取り付け方 デジタル放送のビットレート BS CSの無料チャンネル
自分でBS CS アンテナを取り付けるコツ BSとCSの違い スカパー!e2とスカパー!HDの違い
スカパー!HDを録画するには スカパー!HDチューナー内蔵ブルーレイレコーダー BS/CSアンテナの引き込み サッシ用すきまケーブル
BS NHK プレミアムで高画質映画